便秘解消法は生活習慣や食事の改善が鍵!ぽっこりお腹スッキリ!

ヨーグルトやミネラルウォーターなど様々なものを食べてみたり、日々の生活や食事を改善することも。便秘の原因や解消法などを紹介していきます。

薬にできるだけ頼らない便秘解消

f:id:tarumaesan57:20170531191133j:plain

 

何も分からずきつい便秘に悩まされて

私は、5歳くらいの年齢より便秘というかちょっとしたことがあるとトイレに行かない様な事がありました。最初の頃は、それほどひどい物ではなく2日くらいすると自然にトイレに行ってました。小学生に上がるころからいろいろ運動会やら文化祭など集団行動をとるような事があるとトイレにいかないようなことがありました。そこでその後浣腸をして出すというような事を繰り返してました。どうしてもトイレに行かないとお腹が張って食事が進まないというような事がありましてそのような事情によりお腹の事を気にするようになりました。また、学校でトイレに入るといじめに遭うというようなことがあったので家でトイレを済まさせなければならないというようなことでますます便秘を気にするようになりました。そこで浣腸で出して済ませるというようなことをしてましたが、時間が無く浣腸が出来ない場合がでて来ました。そこで病院に行きました。

病院にて便秘解消

病院に行く事になりました。そこでまず最初に浣腸で便を出す事から始まり診察により医一時的に使うという条件付でプルゼニドなどセンナの入った腸を刺激して出す薬を出してもらいました。最初の頃は、調子の悪い時飲むようにしてましたので、ほんの一粒くらいで効いてました。しかし、中学生になると集団行動がふえてきてその事がストレスとなり便が出ない事が増えていきました。その際に薬を飲み次第に効かなくなり薬の量が増えていき便の調整が効かなくなりました。そこで専門の心療内科に行き刺激性の薬が過剰に筋トレをしすぎて筋肉が動かなくなるというたとえ話から仕組みが分かってきました。そこで同じ下剤でも水分を腸に取り込んで便を適度な硬さにして押し出すということからマグネシウムの多く入った下剤を使うように進められました。

結局は、自分で自然にトイレに行くように努力する事

大腸専門の心療内科医から勧められマグネシウム系の便秘薬を使うようになったのですが、結局は長く使うと効かなくなり下痢になったりしました。そこで強制的に解消する方法は、慢性化してきたら聞かなくなると思いました。そこで自然に解消するために食事から変えていきました。便の量を増やすことと腸内環境をよくすることということから便を増やすため根菜類など食物繊維の入った食物をとることに気をつけました。そして30分のジョギングでも良いので腸を動かすための運動をすることに心がけました。そうすることで便が少しづつまともなトイレに行く習慣がついてきました。ただ、このことは、決まった時間をとらなければならなという事がありますが、自分自身ゆったりとした気持ちになる事が大事なのでこのことは仕方の無い事だと思います。そして強制的な出すという事は、必ず無理がきますので健康的にもいいことでは、無いという事です。自然な排出が便秘解消には欠かせないと思います。