便秘解消法は生活習慣や食事の改善が鍵!ぽっこりお腹スッキリ!

ヨーグルトやミネラルウォーターなど様々なものを食べてみたり、日々の生活や食事を改善することも。便秘の原因や解消法などを紹介していきます。

硬水と機能性ヨーグルトと快適スルンで妊娠後の悩みを解消!

f:id:tarumaesan57:20170624143528j:plain


妊娠・出産をきっかけに発症した便秘


妊娠する前は、毎日快便で便秘知らずでしたが、妊娠を機に、便秘気味になってしまいました。

それでも妊娠中は、食物繊維を積極的に摂取したり、
病院で処方された「便を柔らかくする作用のある薬」を服用することで、何とか排便できていたのですが、産後は便秘がより一層ひどくなってしまいました。

日中は、1人で赤ちゃんの世話をしていたため、赤ちゃんが泣いていたり、寝かしつけの最中だったりすると、便意を催しても我慢をしなければならなかったため、しだいに、便意をあまり感じなくなってしまいました。

また、完全母乳で育てていたためか、体内の水分も不足気味になってしまっていたそうで、便がカチカチになってしまい、自力で排泄するのが困難になっていきました。

授乳中だったので、便秘薬を使うことに抵抗があったため、お腹がパンパンになって苦しくなってきたときは浣腸を使って排便していましたが、だんだんと、浣腸も効きにくくなってしまい、このままでは大変なことになってしまうと、危機感を感じ始めていました。

 

硬水と、機能性ヨーグルトの摂取


自分の便秘について、インターネットで調べたところ
「弛緩性便秘」という状態が、自分に当てはまるのではないかということを感じ、その原因について調べてみたところ、腸内環境の悪化が要因の1つであるということが分かりました。

そこで、腸内環境を改善するために、乳酸菌を積極的に摂取しようと思いました。
できるだけ食品で摂取したかったので、腸内環境に効果がある乳酸菌が含まれているという「機能性ヨーグルト」を、1日1~2回を目安に、摂取することにしました。
また、水分不足も原因の1つであると自覚していたため、手軽に水分を摂取できるよう、ペットボトル入りの水を購入し、いつでも手が届くような場所に置いておきました。

水は、軟水よりもマグネシウムを多く含む硬水のほうが、便秘の改善効果があると聞いたので、日本の水よりも硬度の高い、海外の水を選んで購入していました。

 

機能性ヨーグルト」と「硬水

この2つの摂取で、便秘の改善を目指しました。

ヨーグルトと硬水の摂取を始めて、最初のうちは、特に大きな変化は感じなかったし、相変わらず、浣腸を使わなければ排便ができませんでしたが、2週間ほど経った時期から、便が柔らかくなっているのが実感できました。

そして、徐々に自然な便意が戻ってきて、1ヶ月経つころには、浣腸を使わなくても排便ができるようになりました。

『薬に頼らずに改善でき、健康面、美容面においても嬉しい効果が見られました』

この方法は、薬に頼らないで便秘が改善効果が期待できる、という点が、最大のメリットであると思います。

また、乳酸菌や硬水を摂取したことにより、肌がきれいになったり、風邪をひきにくくなったり、浮腫みが解消されるなど、便秘解消以外の部分でも、嬉しい効果が得られました。

水を飲むタイミングは、特別意識はせず、気付いたときに、1日2リットルを目安に飲むようにしていましたが、乳酸菌は、空腹時は避けて摂取するとよいと聞いていたので、ヨーグルトは食後に摂るように心がけていました。

日々の生活を一工夫するだけで、手軽に便秘解消効果を得られるので、この方法は、本当におすすめです。

快適スルンは妊娠中の悩みにも最適なので、注目。
快適スルン詳細をチェック!